Amazonギフト券買取の優良業者5選 » Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと » Amazonギフト券買取の詐欺を行う業者

Amazonギフト券買取の詐欺を行う業者

ここでは、Amazonギフト券買取業者の選び方を具体的に解説します。詐欺業者に騙されないよう、内容をしっかり理解しておいてください。

Amazonギフト券買取の詐欺を行う業者の実態について

Amazonギフト券買取を謳って詐欺行為を働く業者が後を絶ちません。具体的には、次のような詐欺が報告されています。

 

ほかにも詐欺業者の手口を上げればきりがありませんが、オレオレ詐欺と同様、こちらが感心するくらい様々な手口を考案して利用者を罠に落とします。

現在、Amazonギフト券買取業者がどれくらい存在しているのかは定かではありません。ただ、存在している業者のうちの、おおむね、全体の1割程度は詐欺業者だと言われています。単純に考えれば、10回に1回の割合で詐欺に遭う計算になります。これだけ高い確率で詐欺に合う業界は、ほかに思いつきません。

騙されたことに気付いてその業者に連絡しても、まったく取り合ってくれないか、または、連絡しても「電話番号は現在使われておりません」となっている可能性もあります。

Amazonギフト券の買取業者を利用する際には、業者選びに十分に慎重になるようにしましょう。

失敗しない業者の見分け方

では、どのようなところに注意して買取業者を見分ければ良いのでしょうか?基本的には、以下の点に注意して業者選びをすれば、失敗の確率は限りなくゼロになるでしょう。

買取価格が高すぎる業者は避ける

買取率が95%の業者など存在しません。転売価格が95%というギフト券はよく目にしますが、業者にしてみれば、95%で買取ったAmazonギフト券を95%で転売しても、なんら利益になりません。買取率だけに目が行くと、場合によっては詐欺に遭う可能性があります。

クレジットカードの番号を聞いてくる業者は避ける

Amazonギフト券買取業者の利益システムは、単純に、ギフト券を安く買って高く売るだけ。利用者のクレジットカードの番号など、聞いても意味がありません。カード番号を聞いてくる業者は、何か別の目的があると考えておいて良いでしょう。

連絡先が携帯番号の業者は避ける

Amazonギフト券買取業者に限りませんが、たとえ業務には使用しないにしても、あえて社会的信用のため固定電話を設置するのが、普通の会社の発想です。連絡先が携帯番号になっている場合、必ずしも詐欺業者とは言えませんが、まずは避けておいたほうが無難です。

古物商免許番号の記載がない業者は避ける

信用ある買取業者の大前提として、古物商買取番号の表記が必ずあります。公式HPのトップか、または「会社概要」「会社案内」の類のページに記載されていることが多いので、必ず確認してみましょう。番号の記載のない業者は避けるべきです。

上記の他にも、ホームページの作りや運営主体(会社なのかどうか)なども、業者の信頼性を図るうえでは参考になります。

もちろん、ホームページが貧相だからと言って、または運営主体が個人事業主だからと言って、その業者が必ずしも詐欺だというわけではありません。

ただ確率論の問題として、優良な業者はホームページの作りがしっかりしており、また、運営主体は株式会社である場合が多いことは認識しておきましょう。

詐欺を行う買取業者からAmazonギフト券を取り返すことはできる?

もし、Amazonギフト券の買取を依頼した業者が、詐欺業者だった場合、Amazonギフト券を取り返すことはできるのでしょうか。警察や消費生活センター、Amazonに相談するとどうなるのかを、お伝えします。

手慣れた詐欺業者からAmazonギフト券を取り返すことは難しい

買取詐欺の業者にAmazonギフト券を渡してしまったら、Amazonギフト券を取り返すのは、ほぼ不可能だと思っておきましょう。詐欺を行う買取業者は、顔も名前も見せずにネット上で活動をしているため、犯人を特定することすら難しいです。どこのだれかもわからない相手からお金を取り返すのは、通常の詐欺事件であっても簡単ではありません。

一度アカウントに登録されたAmazonギフト券は回収できない

Amazonギフト券は、だれかのアカウントに登録された時点で、その人のものになります。他人のものになっている以上、ギフト券を送った側が、あとからキャンセルや利用の一時停止を求めることはできません。

もし、買取業者がどこのアカウントにもギフト券のコードを登録していなければ、Amazonに連絡することで、お金を取り返すことができる可能性はあります。ただ、詐欺業者もその辺りの事情はよくわかっているので、受け取ったAmazonギフト券をすぐにアカウントに登録してしまうか、転売して利ざやを稼ぎ、回収不可能な状態にしてしまうのです。

警察に相談しても取り返すのは難しい

買取業者にだまされたことがわかったとき、ほとんどの人が「警察に行こう」と考えるでしょう。ただ、警察に被害について相談しても、買取業者を詐欺で訴えてお金を取り返すことができる可能性は、低いです。

理由は、ふたつあります。ひとつは、業者側の利用規約に同意して買取の取引をしていること。たとえ理不尽な内容の利用規約でも、自分が同意して取引をしているため、「詐欺の被害者として、一方的にだまされた」ことにはなりません。

もうひとつは、Amazonギフト券が、本来なら相手にタダであげるためのものであることです。買取業者が「プレゼントされただけ」「少額だろうと、規約に書いてあるとおりお礼を支払った」と言い張れば、「明確な意図をもってお金をだまし取る」という詐欺の要件に当てはまらない可能性が出てきます。

一回あたりの被害が少額で、詐欺として立件するのが難しいため、警察に相談してもすぐに問題が解決するとは断言できないのです。

消費生活センターに相談に行っても取り返すのは難しい

消費生活センターでは、さまざまな詐欺被害の相談を受け付けています。警察に相談するときどうやって話せばよいのか、今後被害を受けないためにどうすればよいのか、といった話を聞くことも可能です。

もし、押し売りなどの悪質な詐欺であれば、消費生活センター経由でお金を取り返すこともできます。しかし、犯人がどこのだれなのか特定するのが難しく、詐欺として立件しづらいAmazonギフト券買取詐欺は、消費生活センターでもなかなか手を出すことができません。お金を取り返すのは、難しいです。

Amazonに連絡することもリスクのある選択肢

渡したギフト券がアカウントに登録されていると、規約上取り返すことはできません。また、Amazonはギフト券の現金化を禁止しているため、クレジットカードでギフト券を買い、現金化している場合、問い合わせをすることで自分のアカウントが停止されてしまうリスクもあります。

Amazonギフト券買取は詐欺被害にあわないことが大切

Amazonギフト券買取で詐欺被害にあった場合、お金を取り返すことは、非常に難しいです。警察やAmazonに相談しても、問題を解決できる可能性は低いですし、詐欺を働くような相手を探し出して、直接お金を取り返しに行くのは危険すぎます。

一度ギフト券を渡してしまうと、取り返すのが難しいからこそ、Amazonギフト券買取は信頼できる買取業者を選ばなければなりません。

当サイトで紹介している優良業者や、業者の見分け方を参考にして、安全にAmazonギフト券を買い取ってもらいましょう。

Amazon ギフト券買取価格早見表

  入金までの時間 Eメールタイプ
(再送可)
Eメールタイプ
(再送不可)
カードタイプ 印刷タイプ
▶買取トーマス 最短5分 最大94% 最大94% 最大94% 最大94%
▶アマトク 当日 最大88% 最大88% 最大88% 最大88%
▶ギフトかんきんわん 最短5分 最大92% 最大92% 最大92% 最大92%
※当サイトは、個人で調べた情報を掲載しています。最新の情報は各社にお問い合わせください。
Amazonギフト券の買取業者5選

評判の高いAmazonギフト券の買取業者一覧

Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと

Amazonギフト券をクレジット購入する時の注意点

PageTop