Amazonギフト券買取の優良業者5選 » Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと » Amazonギフト券の換金をネットオークションで行うメリットとデメリット

Amazonギフト券の換金をネットオークションで行うメリットとデメリット

Amazonギフト券をネットオークションで換金した場合、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

ネットオークションで換金を行うメリットとデメリット


Amazon公式HP
(https://www.amazon.co.jp/)

Amazonギフト券を、買取業者ではなくネットオークションを通じて売りたいという人もいるでしょう。

確かにそのほうが、手元に入るお金が高くなりそうなイメージもあります。

ただしメリットの裏にはデメリットもあるので、ネットオークションの利用を検討している人は以下の内容を十分に理解のうえ、手続きを着手するようにしましょう。

メリット、デメリットをまとめてみます。

メリット

他の方法よりも高く売れる可能性がある

業者などに中間マージンを取られることがないので、その分、高く売れる可能性があります。

ネット上だけで取引が完結する(郵送等の手間がない)

ギフト券の番号を取得していれば、ネット上の操作だけで取引が完結します。

デメリット

登録や出品の手間がかかる

ネットオークションを初めて利用する人にとって、登録手続きや出品手続きは煩雑です。また、より高く売るためには、出品者たる自分が怪しい人間ではないことを示すために、信頼ある自己紹介文なども添える必要があります。スタートまでに大きな手間を感じることでしょう。

落札手数料がかかる

ネットオークションと言えばヤフオクか楽天オークションですが、両サイトとも落札手数料がかかります。この手数料分を利益から差し引いて考えなければなりません。

様々なオークションサイトを比較する必要がある

ネットオークションサイトはたくさんあります。会員費や落札手数料などを比較し、どのサイトが最も有利かを検討する必要があるでしょう。時間も手間もかかります。

以上、Amazonギフト券をネットオークションで行なうメリット、デメリットについて見てみました。

メリットの一つとして挙げたのが、「他の方法よりも高く売れる可能性がある」というものです。確かにこれは大きな魅力です。

ただし、必ず高く売れるという保証はどこにもありません。あくまでも「可能性がある」ということであって、最終的にオークションが完結するまで手元に入る金額は不明瞭なままです。しかも有料会員登録や落札手数料が徴収される場合があることも、考慮に入れておかなければなりません。

また、デメリットの一つに「登録や出品の手間がかかる」というものを挙げました。これは極めて大きなデメリットです。普段から別の用途でネットオークションを利用している人が、「ついでにAmazonギフト券も売っちゃえ」というなら、問題はないでしょう。

しかしながら、普段はネットオークションを利用しない人が、Amazonギフト券を少しばかり高く売るためだめに、慣れない登録手続きや出品手続きといった手間をかける価値が、果たしてあるのでしょうか?

買取業者を利用すれば、場合によってはネットオークションよりも安く売ることになるかも知れません。

しかしながら、ネットオークションとは異なり、手元に入る金額が確定しています。そのための手間もかかりません。

どちらを利用するかは利用者次第なのですが、客観的に比較した場合は。業者を利用したほうが良いという結論になるでしょう。

要注意!フリマアプリでAmazonギフト券の買取は禁止

お祭り会場や公園などで開かれるフリーマーケットを、ネット上で再現していることで人気のフリマアプリ。しかし、「何を売ってもOK」というわけではありません。運営会社が定める規定に沿った商品でなければ販売することができないのです。

フリマアプリにはルールが存在する

フリマアプリの代表的なものを挙げるとすれば、mercariやラクマなどです。フリマアプリを利用すれば個人間で商品の売買ができるため、自由度は高いといえます。しかし、運営会社ごとに規約を設けているため、違反した場合、相応の処罰を受ける形になるでしょう。

フリマアプリでは現金の販売NG

mercariやラクマなどでは、現金の買取や販売は禁止されています。 また、現金と同等にみなされるものに関しても同じです。ですから、商品券や図書カード、クオカード、iTunesカード、小切手などの金券はもちろん、Amazonギフト券の買取、販売も禁止されています。

現金のほかには、宝くじや馬券、ライブチケット、タバコ、サプリメント、生き物、レプリカ、コンタクトレンズなどの商品も禁止とされているようです。 mercariやラクマ以外のサイトでも、現金や金券の買取は禁止されている場合がほとんどです。

Amazonギフト券を販売すると規約違反になる

Amazonギフト券の出品禁止については、mercariの利用規約「第9条 商品の出品」にある「出品禁止商品」に記載があります。

(11)債券、有価証券、保険等の金融商品 また、出品禁止商品について、このような注意事項が書かれています。

出品者は次の各号に関係する商品の出品ができないことについて予め了承します。以下に該当する商品を出品した場合は、出品者の故意又は過失に関わらず、本規約違反行為とみなします。

※参照元:メルカリ利用規約

つまり、Amazonギフト券の買取が禁止されていることは「知らなかった」では済まされないということです。

規約違反でアカウント停止になる可能性大

では、実際にAmazonギフト券をフリマアプリで販売した場合どうなるのでしょうか? まず、「Amazonギフト券」などと一目でわかる商品タイトルを付けた場合、すぐに運営側に発見されると考えてよいです。 そしてその後の処置にはいくつかのケースが挙げられます。

このような事例は実際に後を絶たないといいます。 損をすることになっても、規約内容に記載があるため運営側に文句を付けようにも付けられません。

Amazonギフト券は金券の買取業者に

Amazonギフト券はAmazonサイト内でコードを入力することで使用するものですから、そのコードが使用前のものか使用済みのものなのかを証明することが難しいといえます。 例えば、このようなトラブルが想定されます。

フリマアプリでAmazonギフト券の売買を行うことは、売り手にとっても買い手にとってもリスクが高いといえます。このようなトラブルを避けるためには、Amazonギフト券を含む金券の買取業者に買い取ってもらうのが得策でしょう。自分で出品作業を行う手間ややり取りの時間も省けます。危険を冒してまでフリマアプリで出品するのはおすすめできません。

Amazon ギフト券買取価格早見表

  入金までの時間 Eメールタイプ
(再送可)
Eメールタイプ
(再送不可)
カードタイプ 印刷タイプ
▶買取トーマス 最短5分 最大94% 最大94% 最大94% 最大94%
▶アマトク 当日 最大88% 最大88% 最大88% 最大88%
▶ギフトかんきんわん 最短5分 最大92% 最大92% 最大92% 最大92%
※当サイトは、個人で調べた情報を掲載しています。最新の情報は各社にお問い合わせください。
Amazonギフト券の買取業者5選

評判の高いAmazonギフト券の買取業者一覧

Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと

Amazonギフト券をクレジット購入する時の注意点

PageTop