HOME » Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと » 換金率について

換金率について

このページでは、Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいことのなかでも、換金率について説明していきましょう。

タイプごとに異なる換金率の優遇

Amazonギフト券の現金化において気になるのは、やはり換金率です。換金率といわれても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

ブランド買取店や質屋などにバッグや貴金属を持ちこんで査定してもらう場合、1つひとつの査定品の状態により、買取価格・質入れ価格は異なるのが一般的。そのため、買取側の査定しだいで価格も違ってきます。

しかし、Amazonギフト券の場合は日ごとに買取レートが決まっていて、買取店舗によって大きな差がでることありません。その買取レートが、換金率なのです。

基本的には換金率は市場レートにしたがうため横並びなのですが、買取業者のなかには、アマゾンギフト券のタイプ点種類によって買取レートが違う業者も存在します。

そのレート順序はどこも一緒で、(1)再発行可能なEメールタイプ(2)再発行不可のEメールタイプ(3)印刷タイプ・カードタイプの順。とくに、再発行可能なEメールタイプは、エラーとなっても再発行が効くためより優位なレートで買い取ってもらうことが可能です。

ただし、Eメールタイプはクレジット決済のみであることと、再発行は購入者のみしかできないという制限があります。事実上、「クレジットカードでAmazonギフト券を購入して現金化するためのもの」といえるかもしれません。

贈答用や景品などに多い再発行不可のEメールタイプは、ギフト券に問題がなければ買い取ってもらえますが、エラーとなって買取不可となることもあるので注意が必要です。エラーとなると再発行もできないため、買取レートは再発行可能なものと比べると下がってしまいます。

印刷タイプ・カードタイプは、あつかいとしてはビール券や商品券など、一般的な金券類と同じで、これといった優位性も劣位性もありません。

Amazonギフト券の換金率相場

Amazonギフト券の買取レート・換金率は、在庫状況は市況により、日々、変動します。いまのところ安定したレートで取引されていますが、それでも数%の範囲内で変動。できることなら、より高いレートのときに現金化したいものです。そのためにも、ある程度はレートの相場というものを知っておいたほうがいいでしょう。

Amazonギフト券の換金率は、再発行可能なEメールタイプが最大でだいたい90%~。実質的には85%前後のところが多いようです。再発行不可のEメールタイプだとそれよりも1~2%落ち、88~89%。印刷タイプ・カードタイプのものはさらに1~2%落ち、87~88%が相場の目安となっています。

日によってレートに微妙な差はあるもの、いつ上がるのか、そしていつ下がるのかはわかりません。だからといって、毎日毎日いろいろな業者のレートをチェックするのも大変ですし、そうこうしているうちに有効期限が過ぎてしまっては元も子もないでしょう。

おすすめなのは、換金率の高い買取業者を見つけること。業者ごとに換金率の水準は決まっている傾向にあるので、ある業者が下がれば、ほかの業者も下がる。ある業者が上がれば、ほかの業者もあがります。つまり、はじめから換金率の高い業者を見つけてしまえば、ほかの業者よりも優位な条件で換金することができるのです。

Amazon ギフト券買取価格早見表

  入金までの時間 Eメールタイプ
(再送可)
Eメールタイプ
(再送不可)
カードタイプ 印刷タイプ
▶買取トーマス 最短5分 最大94% 最大94% 最大94% 最大94%
▶アマトク 当日 最大88% 最大88% 最大88% 最大88%
▶ギフトかんきんわん 最短5分 最大92% 最大92% 最大92% 最大92%
※当サイトは、個人で調べた情報を掲載しています。最新の情報は各社にお問い合わせください。
Amazonギフト券の買取業者5選

評判の高いAmazonギフト券の買取業者一覧

Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと

Amazonギフト券をクレジット購入する時の注意点

PageTop