Amazonギフト券買取の優良業者5選 » Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと » 換金率について

換金率について

このページでは、Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいことのなかでも、換金率について説明していきましょう。

タイプごとに異なる換金率の優遇

Amazonギフト券の現金化において気になるのは、やはり換金率です。換金率といわれても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

ブランド買取店や質屋などにバッグや貴金属を持ちこんで査定してもらう場合、1つひとつの査定品の状態により、買取価格・質入れ価格は異なるのが一般的。そのため、買取側の査定しだいで価格も違ってきます。

しかし、Amazonギフト券の場合は日ごとに買取レートが決まっていて、買取店舗によって大きな差がでることありません。その買取レートが、換金率なのです。

基本的には換金率は市場レートにしたがうため横並びなのですが、買取業者のなかには、アマゾンギフト券のタイプ点種類によって買取レートが違う業者も存在します。

そのレート順序はどこも一緒で、(1)再発行可能なEメールタイプ(2)再発行不可のEメールタイプ(3)印刷タイプ・カードタイプの順。とくに、再発行可能なEメールタイプは、エラーとなっても再発行が効くためより優位なレートで買い取ってもらうことが可能です。

ただし、Eメールタイプはクレジット決済のみであることと、再発行は購入者のみしかできないという制限があります。事実上、「クレジットカードでAmazonギフト券を購入して現金化するためのもの」といえるかもしれません。

贈答用や景品などに多い再発行不可のEメールタイプは、ギフト券に問題がなければ買い取ってもらえますが、エラーとなって買取不可となることもあるので注意が必要です。エラーとなると再発行もできないため、買取レートは再発行可能なものと比べると下がってしまいます。

印刷タイプ・カードタイプは、あつかいとしてはビール券や商品券など、一般的な金券類と同じで、これといった優位性も劣位性もありません。

Amazonギフト券の換金率相場

Amazonギフト券の買取レート・換金率は、在庫状況は市況により、日々、変動します。いまのところ安定したレートで取引されていますが、それでも数%の範囲内で変動。できることなら、より高いレートのときに現金化したいものです。そのためにも、ある程度はレートの相場というものを知っておいたほうがいいでしょう。

Amazonギフト券の換金率は、再発行可能なEメールタイプが最大でだいたい90%~。実質的には85%前後のところが多いようです。再発行不可のEメールタイプだとそれよりも1~2%落ち、88~89%。印刷タイプ・カードタイプのものはさらに1~2%落ち、87~88%が相場の目安となっています。

日によってレートに微妙な差はあるもの、いつ上がるのか、そしていつ下がるのかはわかりません。だからといって、毎日毎日いろいろな業者のレートをチェックするのも大変ですし、そうこうしているうちに有効期限が過ぎてしまっては元も子もないでしょう。

おすすめなのは、換金率の高い買取業者を見つけること。業者ごとに換金率の水準は決まっている傾向にあるので、ある業者が下がれば、ほかの業者も下がる。ある業者が上がれば、ほかの業者もあがります。つまり、はじめから換金率の高い業者を見つけてしまえば、ほかの業者よりも優位な条件で換金することができるのです。

Amazonギフト券の査定時は手数料など、換金率以外にも注目

現在、Eメールタイプ・カードタイプ・印刷タイプのAmazonギフト券を換金しようとした場合、換金率は80%代から90%代となっています。少しでも換金レートの高い業者に買い取りを依頼するのは賢い方法だと言えますが、Amazonギフト券を売却する時はレートばかりに着目していてはいけない場合もあります。

Amazonギフト券の換金に限らず、金券ショップなどで商品券やギフトカード等の換金を行う際には手数料がかかることも少なくありません。また、換金手数料が無料だったとしても、振込手数料を自己負担する必要があることも。

「どの金融機関を利用しても振込手数料は無料」という業者ももちろんあります。しかし振込手数料がかかる場合、その料金は業者によって異なります。

と様々です。中には振込手数料だけで500円を超える費用がかかってしまう業者もあります。

手数料によっては収入0の可能性も!?

Amazonギフト券の額面(ギフト券の金額)はそれぞれのタイプによって異なります。カードタイプであれば2,000円の物や3,000円の物など決まった額面の中から好きなものを選択します。これに対してEメールタイプと印刷タイプは、最低15円から値段を指定できます。

そのため非常に極端な例になりますが、もしも仮に500円分のAmazonギフト券を一つ分だけ換金しようとした時、その換金業者でかかる手数料が500円だとしたら手元に残る物は何もありません。1円の収入にもならないなら、換金しない方が良かったという結論に至ってしまいます。

少しでもお得な換金を実現させるためには、各種手数料にも気を配ることが大切です。 換金率が良いからという理由で業者を選んでも、手数料分が数%差し引かれた結果、他の業者と変わらない、もしくは他の業者より低い換金率になってしまうという可能性もあります。Amazonギフト券の査定をしてもらう前には、取引条件をしっかりと確認しなければなりません。

Amazonギフト券の金額が換金率を左右する

Amazonギフトの査定結果を左右するのは、額面のトータルが1万円以上であるか、それとも1万円未満であるかという点になります。

多くの買取業者では、Amazonギフト券の額面が1万円以上であると換金率が高くなります。これは1つのAmazonギフト券が1万円以上である場合と、複数あるAmazonギフト券のトータル額面が1万円以上になる場合の両方に共通して言えることです。

一般的にAmazonギフト券の換金率は、85%以上であれば高額であると考えられます。しかし同一の業者であっても、額面の違いによって換金率が異なってしまうことも。

たとえばアマプライムというサイトでAmazonギフト券を換金する場合、1万円未満の額面であればレートは最大80%となっています。ところが同サイトで1万円以上の額面を換金したとすれば、レートは最大88%という高い数値を示してきます。

また、アマテラというサイトであれば、1万円未満のレートは最大70%にしかなりません。ところがこちらも1万円以上の額面であれば、最大88%にまで急上昇するのです。 同じギフト券であっても額面が異なるだけで、最大20%近くもの差が生じることもある、ということですね。

そのため、換金率だけを重視してしまうと思わぬ見落としが出てしまう場合もあるでしょう。売却するギフト券の額面は極力高く、複数のギフト券を所持しているならできる限りまとめて、少しでも高く売るための工夫を探してみることが大切です。

Amazonギフト券買取の換金率は90%!他の電子マネーとの比較

Amazonギフト券は買取サイトで90%以上の換金率であることがほとんどです。70%から80%の換金率であるiTunesカードやGooglePlayカード、LINEプリペイドカードに比べてとても高くなっています。なぜ同じ電子マネーカードなのに差が出るかというと、その使い道には大きな違いがあるからです。

商品数は2億種類以上ともいわれ、いろいろな使い道のあるAmazonギフト券に比べ、他のギフト券が使えるサイトではコンテンツやアプリが中心のものが多いので、使い方が限定的だという実態があります。以下ではAmazonギフト券以外のカードの換金率や用途をご紹介しますので、今後のギフト券売却の参考にしてください。

換金率70〜80%、Appleコンテンツでしか使えない「iTunesカード」

iTunesカードは換金率がおよそ70%から80%となっています。その換金率は90%以上であることが多いAmazonギフト券よりも低い数字です。そしてAmazonギフト券も同様ですが、1万円未満での買取率はさらに70%を下回ります。

カードのタイプには通常のキリの良い数字を指定するコードタイプと、細かな金額が指定できるバリアブルタイプがあり、どちらも買取可能としている場合が多いようです。

iTunesカードの場合、使い道としてはiTunes StoreやApp Store、iBookstoreでのコンテンツに限定されます。つまり、これらのストアでの音楽やアプリなどを購入すること以外に用途がないということです。映画や音楽好きの方には十分魅力的なプリペイドカードですが、Amazonのように食料品などの生活必需品から電化製品まで何でも買えるようなプリペイドカードではないために換金率が低くなっています。

換金率70〜80%、まだまだ普及率の低い「GooglePlayカード」

GooglePlayカードはiTunesと同様に70%から80%程度の換金率である場合が多いようです。大口になればなるほど換金率は上がりますが、それでも85%程度でありAmazonギフト券の90%以上換金率にはかないませんね。

ただし、最近は改善傾向にあり、換金率が高くなってきています。GooglePlayカードの一番の難点は普及率が低く、カードの取り扱いをしていない業者がまだまだ存在しているということです。

GooglePlayギフトカードもiTunesと同様に、映画などのコンテンツを楽しむ電子マネーなので、こちらもユーザーは非常に限定的になります。

主には有料アプリをよく使うユーザーを対象にしたプリペイドカードなので、幅広い客層に対応することができません。換金率が高くなってきているとはいえ、どうしてもAmazonギフト券ほど使用者に多様性がないことが換金率にも影響していると考えられます。

換金率は高くて70%、最も使用が限定的な「LINEプリペイドカードカード」

LINEプリペイドカードカードの換金率は、通常の買取サイトで70%程度です。個人間取引での換金率は高く、なかには90%となることもありますが、確実に売れるとは限らないのでトラブルも覚悟で取引をする必要があります。通常の買取業者での還元率で90%以上は望めないでしょう。取扱業者もあまり多くないのが現状です。買取業者ではプリペイドカード式はもちろん、LINEギフトコードでも対応しています。

しかし、使い道が最も限定的になるのがLINEプリペイドカードです。「プリペイドカード」とは言っても、用途としてはLINEアプリ内の公式スタンプ、ゲームアイテム、アプリ内のカスタマイズなどにしか利用することができません。世界で2億人以上が利用しているLINEアプリですが、有料コンテンツを利用しているユーザーは非常に限定的なので一般的な商品券として代用できるものではありません。そのため換金率にも反映しているようです。

Amazon ギフト券買取価格早見表

  入金までの時間 Eメールタイプ
(再送可)
Eメールタイプ
(再送不可)
カードタイプ 印刷タイプ
▶買取トーマス 最短5分 最大94% 最大94% 最大94% 最大94%
▶アマトク 当日 最大88% 最大88% 最大88% 最大88%
▶ギフトかんきんわん 最短5分 最大92% 最大92% 最大92% 最大92%
※当サイトは、個人で調べた情報を掲載しています。最新の情報は各社にお問い合わせください。
Amazonギフト券の買取業者5選

評判の高いAmazonギフト券の買取業者一覧

Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと

Amazonギフト券をクレジット購入する時の注意点

PageTop