Amazonギフト券買取の優良業者5選 » Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと » 店舗買取とネット買取のそれぞれの違い

店舗買取とネット買取のそれぞれの違い

Amazonギフト券のネット買取と店舗買取の違いを念頭におきつつ、店舗買取のメリットとデメリットを説明します。

店舗買取とネット買取はどう違うのか?

数は少ないのですが、店舗型の業者の中にもAmazonギフト券を買取ってくれるところはあります。もちろん、カードタイプのAmazonギフト券ではなく、ネット上のAmazonギフト券の買取です。

店舗型の業者で買取ってもらうことのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

詐欺に遭う可能性がほとんどない

ネット買取業者の中には、詐欺的な業者も多く紛れ込んでいると言われています。「当初の換金率よりも低い金額が振り込まれた」「クレジットカード番号を聞かれて、悪用された」などなど、被害の例を挙げればキリがありません。その点、店舗買取であれば、その場で現金を手にすることができるので、詐欺に遭う可能性は限りなくゼロに近いと考えて良いでしょう。

デメリット

ネット業者に比べて換金率が低い

ネット業者に比べると、店舗業者の換金率は非常に低くなります。なぜなら、店舗を運営するためには、店舗家賃や電気代など様々な経費がかかるからです。店舗業者はこの経費分を考慮して商売をしているわけですから、当然ながら換金率はネット業者よりも低くなります。

そもそも買取ってくれる店舗数が少ない

Amazonギフト券を買取ってくれる店舗型の業者は、東京都内にも数えるほどしかありません。「たとえ換金率が悪くても、大手なら買取ってくれるだろう」と考える人もいるかもしれませんが、かの大黒屋でもAmazonギフト券の買取は行なっていません。

以上、Amazonギフト券を店舗業者に買取ってもらう際の、メリットとデメリットを見てみました。

デメリットに挙げた「そもそも買取ってくれる店舗数が少ない」ことについて、もう少し詳しく見てみます。

なぜ多くの店舗型業者はAmazonギフト券を買取ってくれないでしょう?理由は簡単です。買取リスクが高いからです。

店舗業者にとって、そのギフト券が本当に未使用のものなのかどうかを判断するのは、実は難しいこと。騙されて使用済みのギフト券を買取ってそれを転売してしまった場合、早々に大きな社会的問題となることは明らかです。

だからこそ、大黒屋のように、今や大手企業に成長して社会的信用が商売道具の一つともなっている業者は、Amazonギフト券の取引を行なっていないのです。

一方で、ネット型の買取業者は、そのギフト券が未使用のものか使用済みのものかを簡単に判断できるシステムを持っています。そのため、買取を依頼すれば、瞬時に買取の可否を判断してくれます。

Amazonギフト券買取をめぐる、ネット業者における詐欺事件が多発したことは確かです。その点、店舗型であれば、利用者には大きなリスクはないと言えます。

ただし、そのリスクと引き換えに、換金率はグッと下がります。そもそも、数少ない店舗型の業者を探すこと自体、大きな手間と時間を要します。

結局のところ、「信頼できるネット業者を探して、高い換金率で現金化する」という方法こそ、利用者にとっては、もっとも満足度の高い取引方法となるでしょう。

Amazon ギフト券買取価格早見表

  入金までの時間 Eメールタイプ
(再送可)
Eメールタイプ
(再送不可)
カードタイプ 印刷タイプ
▶買取トーマス 最短5分 最大94% 最大94% 最大94% 最大94%
▶アマトク 当日 最大88% 最大88% 最大88% 最大88%
▶ギフトかんきんわん 最短5分 最大92% 最大92% 最大92% 最大92%
※当サイトは、個人で調べた情報を掲載しています。最新の情報は各社にお問い合わせください。
Amazonギフト券の買取業者5選

評判の高いAmazonギフト券の買取業者一覧

Amazonギフト券を現金化する前に知っておきたいこと

Amazonギフト券をクレジット購入する時の注意点

PageTop